で?

やっと終わったでいいのか??
も~~~~長いっ長すぎるっっ

7ヶ月もかかってしまいました。7ヶ月ですよ。

え~あたしは初めて交通事故をした。7ヶ月前。
終わってから書こうって思ってたけど、いや~忘れかけてたしね。
ってゆーか1年たってたら激怒だったな。

まぁ初だったのでマジ瞬間はテンパッた。
信号が青になり、直進したら、運転席にゴーンだった。
相手の方はのバイク。ダブルビックリ
左のミラーで後方を見ると転がっていらっしゃった。
すぐさま彼は起き、あたしも車を止め。お互いの体のケガ無しの確認をして。
信号変わってすぐだったしお互いスピードが出てなかったから良かった。
あたしもきっと30k以下だったと思う。ほんと生きててくれてケガなくて感謝。

その後、彼がだけにの集まるのの早いこと早いこと。
その時の対応も忘れられない。
まぁ仲間優先だからしょうがないのかもしれんが
ざっと10人近くは集まったと思う。が近かったせいもあるけど
帰りがけっぽい鞄もった上司も来てたし。
彼に『お~お前大丈夫かよーっ』っと駈け寄る先輩方々。
あたしはほっぽとかれ。
その後、交通課が来て何度も何度も同じ事を質問、そして回答。
結局、保険会社同士での話しになるっつーので後にして。
当の本人の彼はとても感じのいいでした。
が、他の仲間さんたちは、あたしが悪者オーラで見てたなぁ。
夕暮れ時で観難い交差点はそうなんだけど
あたしの直進に対し、彼は対向車越しの右折だったから
基本は彼の過失となる。

保険会社に電話すると初めのコールセンターのお姉ちゃんは
すごく感じがいいのに
担当となったは、マジなんか、はっきりしないヤツで
『また連絡しますので』ってゆって
『宜しくお願いします』で切ったけど
初めてだし、相手もその後、痛みとか出たらと心配で
その後の経過とかも連絡欲しかったので、も~怖い気持ちで待っていた。

3日後くらいに、相手方の保険会社からが来た。
なんと相手も同じ保険会社だった
その時、不在だったので、番号にかけなおすと
『うちから行きましたか?お名前は??
その名前では、登録がありませんがいつの事故ですか???』
はぁっと思って、あたしの担当のに電話した。
事情を説明して、『折り返し電話します』だった。
来ない・・・

来ない・・・・・

来ない・・・・・・・・

1週間後、こっちからかけた。
『同じ●●●●同士なんですが。
 ひめぷるさんの名前はそのままなんですが、相手方さんはですので
 県警の代表者様の名前になっております。』っと。
その後、2-8で、あたしが2割、相手が8割になるとの話しも
してくれたけど、なんか確定って感じじゃなかったので
また連絡くださいとゆって切った。


なんかどんよりイライラ待ったまま日が過ぎ。。。
3週間後、あたしからかけた
ってゆーか、こいつほーーーーんと電話してこねぇヤツで
マジ、保険会社の●い●●ダメじゃんって思った
怒りながらも落ち着いて、に、その後の経過を聞くと
まだ特にあれから進展してないとのこと。
ただ2-8は確定で話を進めてますと。
『こっちから電話しないと経過教えてくれないんですか?
 これから分かった時点ですぐ電話ください。こっちも心配なんで。
 とにかくじゃ~なんでもなくても、進展してませんでもいいですから
 1週間後電話ください』
ってゆって切った。

それからも、それからも。。。は電話してこねぇ

そりゃ~担当になったのはあたしだけじゃなく、他にも何人か担当してるんだろうけど
こっちからばっか電話しなきゃなんねってどうよっ

1ヶ月半立った頃、もういいかげんあたしの車のへこみを治したかったので
に、あたしから電話した
保険で直すか、実費で直すかの金額の差が詳しく知りたかったからだ。
2-8は変わりなく。保険を使うことにした。

あたしの車を治して数日、いきなり書類が届いた。
『●●万●●●●円。ひめぷるの保険より全額支払い。』
っっ待った!!2-8のはず!!あたしは2!!
でも、まず話が進展してないから、とりあえず全額あたしが払って、その後
の分の8差し引いたんが合計になるんだよな確か。
とりあえず書類の確認しよう。と確認がてらに電話してみる。
まぁ、思ったとおり、とりあえず全額こっちで、あとで差し引きの金額に直されるとのこと。
でもまぁ保険使ってるから関係ないんだけどね。
でもやっぱなんかヤじゃん
そしてあいかわらず、なんの進展もなしとの事。
もうこいつ、でのしゃべり方もムカつくんだよ
あきらかに、他の事忙しいわぃっお前の事件には興味ないっ
みたいなしゃべり方すんだ
示談の書類が来てENDらしいけど、とにかくは、いろいろ部署に書類が回り
こっちに届くのが遅れているから終わらない。そうなんだけど
なんかもぉ~こいつのしゃべり方とか、こっちからしないと何もきけんのとか
マジ担当変えてくれ
って思った。
疲れ果てたねホントだよ。

それからは、もう割り切った。
してこないんなら、もうあたしも、彼のその後とか
心配だし気になるけど、
何か異常事態が起こったら、それこそしてくるだろう。
もうキリキリと胃の痛い思いをして過ごすのはやめよう。っと。


そしてな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んも
連絡の無いまま
ず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと過ぎ。
事故後、数ヶ月が過ぎようとしていたある日
が来た。
『わたくし、と言います。が他部署になり、
 替わりにひめぷる様の担当をやらせて頂きます。宜しくお願いします。』と。
頃合、うちの会社でも、新入社員が入り、やや落ち着き、
担当営業の成績や日頃の仕事振りから、出来ないやつやうだつの上がらんやつを
ボーナス前に切る時期であった。
飛ばされたなっっっよしっ
思わずガッツポーズ自爆))

とりあえず、新あたしの担当になったに、これまでの経過を説明し
なにかと、こっちからでないとも来ない事もゆった。
の対応はとても良く。
担当変わってよかった~~~~~~~っと心から思った。

どう良かったとゆーと、例えばこちらからした時
電話に出ると
の場合は、
『え~っと。。。はい●月●日に事故の・・・ひめぷる様・・ですね・・・』
って感じなんだけど、
の場合は、
『はいっお世話になってますひめぷる様ですね。
 相手が様の●月●日に事故の。』
と、ちゃんと俺の担当は覚えてるぜっっ的な感じがこれまた素晴らしいっ
きっとマニュアルどうりなんだろうけど、それが出来なかったは最悪だ!
は、そして、ちゃんと理解して分かりやすく説明もしてくれた。
やっぱさ~こ~ゆ~のが大事よね~営業なんだからさ~!

その後ダラダラと時は過ぎ。
ここ9月に来て急展開が!!!!
いきなりやってきた電話。
『わたくし●●県警の●●です。え~ひめぷるさんね。
 今から示談書書いて欲しいんですよ』
・・・・はっ
『だからね、わたし、今日遅番で夜何時でも居ますから。
 ●●警察署に来てもらってもいいですかね?』
・・・・・へっ
『あ~なんなら今からお宅行ってもいいですかね?
いや・・・何ゆっとるんじゃあんたっっいきなりすぎんだろっっっ
しかも、示談書って)))))あたし直かぃっっ保険屋を通すんじゃねぇのかよっ
っとも思ったけど、来るなら来てくれあたしも早く終わりたいと思い
OKした。
その後、すぐにした。
今の事情を話すと、
『普通はこのような示談書も保険会社が中に入り、
 保険会社から送られるものです。
 が、相手さまがなだけに、このような取り違いになってしまったと思います
 申し訳ございません。』っと
ただ、あたしは今度から、いきなりで、いきなり来るは困るとゆった。
は了解し、示談書も不明な点があったら判を押さず、
保留でいいと教えてくれた。
その30分後にこの住宅街にわざわざデカデカので登場。
道路でもなんだろうと、中に入るのを進めたが、『ここでいいハンコくれ』と言う。
まさに、玄関前道路。まっ昼間。目立つ。近所人の好奇心の目。
犯罪者かあたしゃっっ)))
金額に確信が持てなかったのでに電話。間違いないとゆう。
示談書にハンコを押す。
あともうひとつの警察用の書類にも押す。
これで終わった・・・・んだよね。っと思う。

っと、2日後、から電話が来た。
実は警察用の書類で、金額の違いがあったので再度またひめぷる様宅に
行きたいそうなんですっと。
は、先日あたしがゆった、いきなりは困るをちゃんと守ってくれて
を通して連絡を入れる事を守ってくれた。
そして、今回も今日はたまたま休みで家に居るからいいけど
またすぐ来たいなんかは困るとからもに伝えてくれとゆって
電話を切った。
3分後・・
出ると今から行ってもいいですか?
おぃおぃアホかっっもぉえーわーーーーぃ来るなら来いっ!
そして、訂正書類にハンコ。
引き算の間違えによっての訂正書類。もぉいいかげんにしようよ。。。

これまで事故から7ヶ月もたった。
来たに、
ずっと進まなかったのは何故ですか?と聞いたら
『なんでだろうね~長くかかりすぎだよね~。』っとかゆーから
私はさんの方が、なかなか書類が進まなくて
 遅れたと聞いてますが』
っとゆーと
『まぁ、県警とかにも書類がいくからねぇ』だとさ。

それにしては、これ書いてくれの対応は早いじゃねぇかよっ
わざわざうちにまで来てご苦労様ですね!
っと言いたかったが辞めといた。

なんか長くなっちゃったけど、この長さは7ヶ月の長さだな。
車に乗り始めてもう10年。無事故無違反で来たのに事故ったあの日。
ほんと精神的にくるよね。お疲れ様でした。
今後も安全運転を目指します
とにかくもう事故はイヤだ。

2008/09/17
  1. 2008/09/17(水) 07:52:39|
  2. だらだらと勝手に思う事